« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

身延線123系電車

このところ、毎日、身延線の123系一輌電車を撮っています、
一両で富士~西富士宮の間を主に走っています、孤軍奮闘しています、
2両や3両の時もありますが、たいていは、一両で走っています、
三両編成がなくなるようで、鉄道ファンの話題となっています、
鉄道写真もおくが深い、でも私は、気楽に撮っています、皆さんも一度乗りに来て下さい。
Img_5981
Img_6018

| | コメント (6) | トラックバック (0)

富士の梨

Img_0040_2
私たちの住んでいる富士市は、昔から「富士梨」の産地です、戦前は、木箱につめ、貨車で東京に、出荷していたそうです、
今は、農地がどんどん宅地化してしまい、梨畑も少なくなりましたが、
いまどき、農家の庭先で「富士梨」を、販売しています。
きょうは、身延線の電車123型と、梨畑を入れて撮ってきました、123型電車もあと少しの命です、
廃車になる前に、この「富士梨」を入れてとりました。
これから、出回る梨は幸水でしょうか?ミズミズしさが梨の命ですね、

| | コメント (14) | トラックバック (0)

夏の青空に真っ青な富士山

夕方、ネコママと、お使いに行く時、富士山を見ると雲のうえに姿を表わしているではありませんか、早速カメラを、持って、お買い物です、
お買い物は、ネコママに任せて、「潤井川」の土手から富士山を、撮ってきました。
場所は、ユーストアーの後ろです。撮り終わってユーストアーに行くと、
ネコママは、まだ買い物中で、色々いつものお買い物でした。
買い物が済んで、富士山を見ると雲がなくなり、真っ青の空に夏の富士山がそびえていました、堂々たるモノです
台風のせいかとくにきれいにみえました、
IWAちゃんも、きっとこの富士山を撮ったことと思いながら帰ってきました。
きょうの富士山をみてください、Img_0022
Img_0023
Img_0027
Img_0028

| | コメント (8) | トラックバック (0)

澄みきった青空に、富士山

青い空に、青い富士山、10時頃まで何とか顔をだしていました、
富士山の顔が出てくればもう夏も終わりに近づいてきます、
雲の流れは、速く、どんどん変化して富士山を隠そうとしていました、
あと少し待ってくれたらと思いつつシャターをきりました。
夏の花壇は、花の色が強い、サルビア、マリーゴールド、など、、
眞木の木を入れての富士山、眞木の木の緑が鮮やかですきです。Img_0015
Img_0017
Img_5933

| | コメント (5) | トラックバック (0)

ネコの姿を、撮る

新しい、カメラが、手に入ったので早速猫達を撮ってみました。
毎日暑さが続きますので、猫達もお昼寝タイムが多いのでうまく撮ることができません

黒猫は、「ナッちゃん、黒ちゃん、」 茶色は、「チャチャ」そして、『ナナちゃんと、ももちゃん」
明日は、どの子を、モデルにしようかな?Img_0002
Img_0004
Img_0010

| | コメント (3) | トラックバック (0)

子猫が、やってきた。

茶トラ、の子猫が迷子になり、町内を行ったりきたりしていました。
近所の方が、ネコママのところに、この子猫をもってきました、
我が家は、もうネコを飼う余裕がありませんが、茶トラのネコを置いていきました。
ネコママは、子猫用のミルクを与え餌も与えましたが、私も息子も、もうネコは、
飼わないでと話しても、ネコママは、面倒をみて飼い始めました、
この子猫は、茶トラネコで、雄ねこです、
前足が少し痛いようでしたが、すぐ直り、餌もげんきにたべています、
子猫なので、なんでも興味がありすぐに、飛びついてきて、手足をかみます、
おかげで私も、傷だらけになっています、子猫の歯、は、糸のように細く針で刺される痛さです、
このところの我が家は、この子猫に引っかきまわさされています、
家族の一員になれるのはもう少し後になるでしょう。

きょうは、子猫と、ネコのモモチャンのジャレあい、そして、黒猫の、なっちゃんの写真です。Img_5866Img_5874Img_5872


| | コメント (12) | トラックバック (0)

久しぶりの富士山

8月7日 久しぶりに富士山が顔をだしました。
これも、台風の影響でしょうか? しかしながら雲の流れが速く思うに任せない今日の富士山でした。
夕方少し時間があったので、新幹線を入れて撮ってみましたが雲の流れが速く、 頭を出したりかくれたりで思うように行きませんでした、車に戻ると、くもが切れすっきりとした富士山ではありませんか、夏の雲には泣かされます、でも雲の形がすぐ変わり面白いように変化する今日のふじさんでした。
8月8日 午前中雨がふっていても、富士山が出ていましためずらしい、こんなこと、めったにありません
午後にはもう雨雲の中にかくれてしまいました。
7日の夜、富士山の山小屋の明かりが、この夏はじめてみえました。頂上に続く山小屋の明かりは、夏だけの風物詩といえましょう、Img_5849
Img_5861

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »