« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

昭和を、旅する

少し経ちましたが、1週間前に、日帰りで、バスの旅を楽しみました、
東京の西のはずれ日野市にある紫陽花庭園、Img_1904
Img_1907
Img_1918
立川市にある昭和天皇記念館、多摩御陵を見てきました、
お昼は、昭和の森記念公園で、青空の下の木陰で、弁当を、広げました、近くに噴水がありどこかヨーロッパの庭園に来たようなかんじでした。昭和天皇記念館は、まだ出来て1年半しかたっていないそうです、昭和天皇が巡幸の時乗られた、「赤ベンツ」も展示されていました、見ごたえのある、記念館でした。
昭和天皇は、武蔵野陵に眠られていて、参拝をしました、静かな環境の中に、御陵は、ありました。
この旅は、天気に恵まれ、暑いなかの歩きでしたが、思い出に残る旅でした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ワ~綺麗

今日(6月19日)ネコママのリクエスト、東静岡の、グランシップで、開かれているお菓子展を見に行きました、
展示会場の入り口からもう、お菓子、お菓子、お菓子、です、今回の展示は洋菓子です、
綺麗に作つてある物です、お菓子展は、何回も見ましたが、いつも感心するばかり、今回もそうでした、
ネコママは、クッキーの上に絵を描くお菓子に、挑戦して一つの作品をつくりました、実演コーナーでは、飴細工のバラの花の、作品を貰いご機嫌でした、試食コーナーもあり少しですがお菓子をいただきました、
ネコママとしては、販売コーナーが、無いのが残念のようでしたが、眼の保養になりました。Img_1864
Img_1865
Img_1866
Img_1867
Img_1868

| | コメント (6) | トラックバック (0)

梅雨の合間に、青空

きょうは、文句なしの青空、富士山も一日中姿を見せてくれていました、珍しいこともあるものです、
さすがに頂上付近の雪は溶け、雪渓に残る雪の白さが目立つ富士山でした、
今日は、雁がね堤から富士山を、撮ってみました、幸い春の花がまだ残っていましたので撮りましたが、今、時期の花は、タチアオイではないでしょうか、構図が旨くとれませんでしたが、花の美しさが伝われば幸いです。Img_9021
Img_9026

| | コメント (2) | トラックバック (0)

きょうの一枚

Img_8976
久ぶりに、富士山が、いいかたちで、撮影日和でした、
定番の富士川町から富士山を撮りました、この場所は、富士川楽座の手前、富士川の流れが緩やかに流れているところで、風が無ければ、逆さ富士も撮れる所です、電線が無いのが撮影には一番です、
今日の富士山をみてください、まだ雪が残っています。Img_8978

| | コメント (4) | トラックバック (0)

紫陽花

私の住んでいる近くに、富士早川があります、ここは、ちょっとした散歩コースになっています、人が一人通ることができる広さの所も有り、散歩にはもってこいのところです、川は、いつも水が流れていて、両岸には、季節の花が咲いていて、眼を楽しませてくれます、冬の早川は、鴨の天国で、今わ、カルガモが、いるだけです、
ここの両岸には、今、紫陽花の花が、咲き、眼を楽しませてくれています、梅雨の合間に咲く花を見るのも楽しみのひとつです。Img_1828
Img_1826

| | コメント (2) | トラックバック (0)

さよなら チーちゃん

この1ヶ月病気と闘ってきた、チーちゃんが、今朝、旅に出ました、
ネコママに見取られ、安心しての旅立ちでした、1週間前より、食べ物、水、も、受け付けなくなり、もう時間の問題でしたが、昨日までよく頑張りました、今朝苦しむ事も無く、行きました、
他の猫たちは、チーチャンのことなどお構いなく、いつもどうりの生活をしています、これが猫の世界なのです、
明日は、最後のお別れになります、10年間家族でした、チーチャンさようなら、、、
お別れに、今我が家に咲いている白百合をささげます。Img_1836

| | コメント (4) | トラックバック (0)

列車の旅

5月22日西安から洛陽まで、列車の旅をしました、西安駅は、とても大きい、人も一杯います、私たちは、団体の入り口から入りましたので、スムーズにホームまで行くことが出来ました、迷子になったら大変だ、
8時33分発の列車です、日本ではほとんどが、電車ですが、中国は列車です、洛陽までは、5時間の列車のたびです、冷房完備の車内は快適揺れも少なく旅をしている気分が出ます、西安をでて、15分位すると、もう田舎の風景で、石榴が植えられています、そして麦、ジャガイモ、の畑がズーと、続Img_1668
Img_1661_2
いていました、
車内は掃除をする方が乗っていて絶えず掃除をしていますので清潔です、車販もきます、飲み物をはじめ果物胡瓜まで、11時、日本食のお弁当をたべました、中国のかたは、カップラーメンを、皆さん食べています、列車には、小さなボイラーがあり、たえずお湯を、沸かしていて、皆さんラーメンのカップをもつて、お湯をいれていました、
どんな味のラーメンでしょうか?
5時間の長旅も皆でお喋りしていくと、そんなに長くは感じられませんでした。
写真は、西安の駅ホームでの販売風景、車窓から見た風景です。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »